サイバーリスク保険についてLINEでお問い合わせ
お問合わせ

事例紹介

狙われるのは中小企業、中小施設…
あなたの情報、狙われています!

近年サイバー攻撃は急増しており2019年には3279億件もの攻撃が国内ネットワークに向けてなされています。
また、個人情報に関する法制の厳格化等、情報漏えいを巡る社会情勢は厳しさを増しており、
サイバーセキュリティは緊急課題といえます。
出展:NICTER観測レポート2019(国立研究開発法人 情報通信研究機構))

  • CASE 1
    • サイバーリスク1:ホームページの改ざん
    • ホームページの改ざん

      ホームページの改ざんとは、第三者によりホームページの内容が書き換えられたり、ウィルスを埋め込まれるサイバー攻撃の一種です。
      ホームページを構成するソフトウェアに重大な欠陥があった場合、脆弱性をつかれ多くの情報漏えいに繋がります。

  • CASE 2
    • サイバーリスク2:標的型メール攻撃
    • 標的型メール攻撃

      特定の組織内情報を狙って執拗に行われるサイバー攻撃の一種です。
      メールの添付ファイルを開かせたり、悪意のあるウェブサイトにアクセスさせて、パソコンをマルウェアに感染させ組織内の重要情報を盗み出す等、大きな被害に繋がります。

  • CASE 3
    • サイバーリスク3:メールの誤送信
    • メールの誤送信

      おもにヒューマンエラーによって発生します。重要な情報を誤った相手に送信しまうことで大きな情報漏えいに繋がります。
      情報漏えいのおよそ1割強はメールの誤送信と言われており、原因として「集中力散漫や緊張感のゆるみ」などが挙げられます。

  • CASE 4
    • サイバーリスク4:紛失・置き忘れ・盗難
    • 紛失・置き忘れ・盗難

      日常的に発生してしまう可能性が高い情報漏えいの1つです。スマートフォンやパソコン、USBメモリーが入った鞄を置き忘れてしまう、盗まれてしまう等が考えられます。重要情報を持ち出す場合だけではなく、スマートフォンのパスワード設定も重要です。

保険内容

企業をとりまく情報漏えい
・サイバーリスクを
総合的に補償します

「情報漏えいまたはそのおそれ」や「IT事故」などによって
賠償損害および費用損害が発生してしまったときに保険金をお支払いします。

  • 身近!

     2019年には3279億件もの攻撃が国内ネットワークに向けられており、1日あたりおよそ8億9000万件、1時間あたり3700万件という途方もない攻撃件数となります。身近なお店・会社も被害にあっているかも...
    出典:NICTER観測レポート2019
    (国立研究開発法人 情報通信研究機構)

  • お金がかかる!

     万が一事故が発生した場合には、①初動対応調査②対外的対応③復旧・再発防止などの費用が発生します。PC内部の調査に1台あたり100万円以上かかると言われており、1,000万円以上の損害コストとなる可能性があります。

  • 防御困難!

     セキュリティ業界の常識として「サイバー攻撃を完全に防ぐことはできない」と言われています。
     なぜならば、攻撃者は何度でもチャレンジでき、対策をされても違う攻撃を仕掛けられるという、圧倒的に有利な立場となるからです。

TICで加入するメリット

なぜ...TICで加入するのか!?
それは特徴的なサービスがあるからです。

TICはさまざまな専門分野のスキルを持った「ファイナンシャルプランナー」集団です。
保険だけのお付き合いではなく、お客様の人生における良きパートナーとして、
しっかりサポート致します。

  • TICでサイバー保険に加入するメリット01 TICでサイバー保険に加入するメリット01

  • TICでサイバー保険に加入するメリット02

  • TICでサイバー保険に加入するメリット03

保険料一括比較

保険料は売上高と、支払限度額から計算されます。順番に選択して保険料をご参照ください。
詳細なお見積りをご希望の場合には弊社LINEまたはお問合わせフォームよりご連絡ください。
貴社のリスク管理状況をご確認し、具体的な保険料算出を行います。

STEP 1

「売上高」を選択するだけで簡単見積り!

STEP 2

ご興味のある保険会社をお選びください。

  • あいおいニッセン
    同和損保
    あいおいニッセン同和損保
  • 東京海上日動
    東京海上日動
  • 三井住友海上
    三井住友海上
STEP1が完了すると内容が表示されます。

STEP 3

選択したされた保険会社の保険料をご確認いただけます。

  • 試算前提条件

    ※業種・リスク区分を介護事業で設定しています。
    ※売上高の100%を介護事業としています。兼業がある場合は保険料が変わる可能性があります。
    ※支払限度額:保険金額賠償損害1億円、費用損害5,000万円
    ※保険期間:1年
    ※保険料支払方法:一括払

      • TIC基本プラン
      • 保険料
      • 60,000円 60,000円 92,380円 184,750円 413,850円 502,540円 561,660円 650,340円
      こんな方におすすめ!

      基本的な部分をカバーしたい方

      • TICばっちりプラン
      • 保険料
      • 60,000円 83,140円 138,570円 277,130円 620,780円 753,810円 842,490円 975,510円
      こんな方におすすめ!

      基本プランに加え、被害拡大防止や公的調査対象そして再発防止等に係る費用の補償までお考えの事業者向け!

    引受保険会社 あいおいニッセイ同和損保
    B20-104388
    2021年2月
    試算共通条件

    ※TIC基本プランはベーシックプランでの試算です。
    ※TICばっちりプランはワイドプランでの試算です。
    ※各プランの免責金額はなしで試算しています。
    ※自動付帯以外のオプション補償は付帯していません。
    ※支払限度額は、基本補償の支払限度額です。補償条項によって、支払限度額がそれぞれ異なりますので、詳細はお見積り、パンフレットをご確認ください。

  • 試算前提条件

    ※業種・リスク区分を介護事業で設定しています。
    ※売上高の100%を介護事業による売上としています。兼業がある場合は保険料が変わる可能性があります。
    ※支払限度額:保険金額賠償損害1億円、事故対応費用1億円
    ※保険期間:1年
    ※保険料支払方法:一括払

      • TIC基本プラン
      • 保険料
      • 86,350円 117,600円 149,320円 228,920円 444,630円 549,390円 614,170円 711,350円
      こんな方におすすめ!

      基本的な部分をカバーしたい方

      • TICばっちりプラン
      • 保険料
      • 86,670円 118,680円 151,140円 237,690円 464,590円 574,210円 641,970円 743,630円
      こんな方におすすめ!

      賠償損害と同額の費用損害をカバーしたい事業者向け!

    引受保険会社 東京海上日動
    20-T05236
    2021年1月
    試算共通条件

    ※保険金額は、基本補償の支払い限度額です。
    ※各特約の支払限度額はそれぞれ異なります。詳細はお見積り、パンフレットをご確認ください。
    ※免責金額はなしで試算しています。
    ※上記の保険料は割引を適用していません。過去の事故状況などによって個別に割引が適用できる場合があります。詳しくはお問合わせください。

  • 試算前提条件

    ※業種・リスク区分を介護事業で設定しています。
    ※売上高の100%を介護事業としています。兼業がある場合は保険料が変わる可能性があります。
    ※支払限度額:賠償損害1億円、費用損害5,000万円
    ※保険期間:1年
    ※保険料支払方法:一括払

      • TIC基本プラン
      • 保険料
      • 60,000円 60,000円 92,380円 184,750円 413,850円 502,540円 561,660円 650,340円
      こんな方におすすめ!

      基本的な部分をカバーしたい方

      • TICばっちりプラン
      • 保険料
      • 60,000円 83,140円 138,570円 277,130円 620,780円 753,810円 842,490円 975,510円
      こんな方におすすめ!

      基本プランに加え、被害拡大防止や公的調査対象そして再発防止等に係る費用の補償までお考えの事業者向け!

    引受保険会社 三井住友海上
    B20-102702
    2021年2月
    試算共通条件

    ※TIC基本プランはスタンダードプランでの試算です。
    ※TICばっちりプランはプレミアムプランでの試算です。
    ※各プランの免責金額はなしで試算しています。
    ※自動付帯以外のオプション補償は付帯していません。
    ※支払限度額は、基本補償の支払限度額です。補償条項によって、支払限度額がそれぞれ異なりますので、詳細はお見積り、パンフレットをご確認ください。

STEP2が完了すると内容が表示されます。
注意事項

※この情報は2020年12月1日時点のものであり、今後変更される可能性があります。
※保険料は、業種区分によって細かく分けられています。実際の業務内容よっては、上記計算と大きく異なる場合がございます。
※業種等によっては、弊社ではお引受けできないケースもございますのであらかじめご了承ください。
※上記プランは、一般的に想定される希望をもとにプランを提示しています。実際に推奨する補償内容や保険会社は、お客さま個別の事業内容やご希望によって変わります。
※この比較表示には保険商品内容の全てが記載されているわけではありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。また、必ず、「契約概要」やパンフレット等で保険商品全般についてご確認ください。
※このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
※ご不明な点等がある場合には、弊社もしくは引受保険会社(*1)にお問合わせください。
※上記保険料は、選択いただいた売上高での試算です。実際の保険料は正確な売上高によって変わります。
※このページは概要を説明したものです。ご契約にあたっては必ずサイバーセキュリティ保険パンフレットおよび「重要事項のご説明」をあわせてご覧ください。また、詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意していますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。ご不明な点につきましては、取扱代理店または引受保険会社にお問合わせください。

引受保険会社 お問合わせ先
あいおいニッセイ同和損保(代表電話):03-5424-0101
東京海上日動(大代表):03-3212-6211
三井住友海上(代表電話):03-3259-3111

オンライン相談・ご契約

無料お見積りからご契約までの流れ

サイバーリスク保険ご契約までの流れ サイバーリスク保険ご契約までの流れ

ご相談無料!貴社に適した
保険プランをご提案いたします

簡単・便利なLINEでお気軽に
お問合わせください。

LINEの友達登録でサイバーリスク保険に関する【秘伝の書】をプレゼント! LINEの友達登録でサイバーリスク保険に関する【秘伝の書】をプレゼント!
LINEで相談 メールで相談